初めての相続税!しっかり対策するために必要なポイント

もめごとや相続税の支払いに困らないため早めの対策が重要

現金や不動産など財産を持つ被相続人が死亡した場合相続人に税金がかかりますが、事前に様々な対策を行うことで相続税を安く抑えることができます。
また相続税は基本的に被相続人の死亡から10ヶ月以内に現金で支払わなければなりませんが、現金が少なく高額な不動産を相続した場合はすぐに不動産を売却するのは困難なため、相続税の支払いに困窮することになり早めの対策が大事です。
今日相続人の関係が複雑で大勢いる場合や遺産の分割しにくさなどで被相続人が死亡した後遺産相続争いが起こることも少なくありません。
すぐに解決できないことも多くこれらの問題を起こさないためにも、弁護士や税理士に相談することも視野に入れて早めの対策をとりましょう。

相続税対策の主な具体例

一般的に良く使われているのは贈与税の基礎控除分110万円を毎年贈与する方法ですが、これは定期贈与と見なされないために贈与契約書を作るなど注意を要します。
相続人が複数いる場合相続を分割しやすくしておく必要がありますが、不動産を所有している場合不動産を売買で現金化しておくことは相続をしやすくするだけでなく高額な相続税の支払い対策にもなり有効な手段といえます。
不動産の売買に抵抗がある場合は生命保険を活用する方法もあります。受取人を想定される相続人にしておくと、受け取った死亡保険金で相続税を納税することができるので不動産を手放す必要はなくなります。また死亡保険金は500万円×法定相続人の数の金額が控除されます。

© Copyright Inheritance Cycle. All Rights Reserved.