節税対策をしたいなら!相続税の申告は慎重に

簡単に出来る相続税対策、お金を贈与して節税

いつ何が起こるかわからないこの世の中、もしもの時には、家族には出来るだけ財産を残したいですよね。というわけで、相続税を節税できる方法をいくつか紹介します。
その1、一年間110万円までなら、贈与税がかかりません。というわけで、毎年110万円ずつ贈れば、相続する金額が減るので、相続税が減ります。
その2、配偶者への贈与は、2000万円まで、贈与税がかかりません。ただし、夫婦の婚姻期間が20年以上、贈与を受ける者が、住宅を取得するための資金で、贈与を受けた者がその翌年の3月15日まで引き続きその住居に住むこと、この三つの条件を満たす必要があります。
その3、相続時精算課税制度を利用する。相続時精算課税制度とは生前に2,500万円までなら、子供に贈与しても、贈与税がかからない制度のことです。ただしこれは、撤回できません。そして相続時には、この贈与した金額も加算して、相続税を計算する必要があります。

簡単に出来る相続税対策、賢くお金を使って節税

その1、最大1500万円までは、住宅取得の資金を贈与する場合、贈与税が非課税になります。対象は、父母、祖父母からの贈与で、対象は贈与する年の、1月1日に20才以上の子供か孫に限ります。それと、平成31年6月30日までに契約した住宅に適用されます。
その2、「祖父母からの教育資金の一括贈与にかかる贈与税の非課税制度」を利用しよう。この制度は、子供一人につき、1500万円までの贈与が非課税になります。ただし、子供が30才になるまでに使い切れないと、残額に対し贈与税が課税されます。対象となる教育費は、学校の教育費と、教材や制服、塾や習いごとの費用となります。ただし、教材や制服などの販売店に支払う費用と、塾や習い事の費用は、あわせて500万円までが非課税限度額となります。

© Copyright Inheritance Cycle. All Rights Reserved.