何も知らなくても大丈夫!税理士に相続税について尋ねよう!

税理士によって相続税に対する考え方は異なります

相続税の制度が変更されたため、以前よりも控除される金額が減額されているために相続税はある日突然振ってかかるものです。事前にどのくらいの相続税がかかる見込みなのかを税理士に依頼して試算してもらうと良いです。相続時に混乱を避けられるという意味合いもありますが、実は相続税は計算の方法により異なることが多いため相談した税理士により見込まれる相続税の金額に開きが出ることがあります。
税理士により考え方が異なる相続税のため、何も知らなくても不思議ではありません。法律改正により金額も変わるために、見積依頼した時点での話になるからです。予定納税額の見込みをまずは知ることが重要なため、試算された金額の内訳を詳細に説明してもらうと良いです。

相続税に強い税理士は実際には少数派

相続税に関する法律は複雑なため、個人で手軽に計算出来るものではありません。相続税の金額を計算する時に重要となることとして、不動産評価額があります。不動産評価額の算定方法により、土地の評価は大きく異なるために用途地域別の評価をしなければ一律の単価で評価されてしまい相続税額が跳ね上がります。
税理士は税務申告には強いものの、相続税を専門的に手がけている税理士は少数派になります。税理士という肩書で信用していますが、税金に関することを広く扱えるために、節税という意識が高い税理士ばかりではないのが現実です。このため、相続税に強い税理士を探すことで大きく節税対策をとることが可能になります。事前に予定納税額の算出を依頼することは、節税対策を相談する税理士を見極める手段でもあるのです。

© Copyright Inheritance Cycle. All Rights Reserved.